製品・サービス情報 Products

HOME > 製品・サービス情報 > ボーリング柱状図作成ソフト Boring_Jr V/CALS20

ボーリングデータ処理【建設CALS電子納品対応】 Boringシリーズ
― 製品イメージ ―

Windows10対応 ボーリング柱状図作成ソフト
Boring_Jr V/CALS20 Ver. 7

ボーリング柱状図作成ソフトのスタンダード商品

販売価格 108,000円(税抜:100,000円)
VerUP価格 75,600円(税抜:70,000円)
「資料請求・お見積り依頼・お問い合わせ」はこちらからボタン
試用版・製品版のお申し込みトップ画像

ボーリング柱状図作成ソフトのスタンダード商品

  • 地質・土質調査成果電子納品要領(案)H20.12版対応
  • 建設CALS電子納品ファイル作成機能標準装備
  • JACIC土質様式・岩盤様式・地すべり様式・化学分析様式・・・など100種類以上の柱状図を容易に作成します。
  • 地質パターン・地質名作成ソフト&ラベル作成ソフトも標準装備
  • 入力したデータはすべてデータベース化され、データの共有やデータ検索時に便利なエクスプローラー風のリスト表示機能を兼ね揃えてます。

弊社ボーリングデータ等処理ソフトの電子納品データ作成時の標高について

平素より弊社システムをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
弊社ボーリングデータ等処理ソフト(Boring_Jr V/CALS20, GeoPro_SRT V/CALS20, Sounding V/CALS20,およびそれぞれの旧バージョン)にて電子納品データを作成する場合、標高について下記の留意点がありますので、内容をご確認の上ご使用いただきますようお願い申し上げます。

現象

電子納品データ作成時に、標高基準(APなど)を「TP(東京ペール)」としてXMLファイルが作成されます。これは地質・土質調査成果電子納品要領の規定により、標高基準が「TP」で電子納品データを作成するよう指定されているためでございます。
※1:なお、入力された標高の数値はそのまま電子納品データが作成されます
※2:柱状図PDFファイルでは、入力された標高基準が記載されます

対処方法

電子納品データ作成を目的に弊社製品をご利用する際は、標高基準は「TP」を選択し標高の値は「TP」を基準に登録して下さい。

試用版について

  • 試用版が無い製品もございます。あらかじめご了承ください。
  • 試用期間の制限※があるだけで、製品版と同じ操作が可能です。(※一部ソフトを除く)
  • 試用版申し込み後、弊社担当営業より「CD」及び「マニュアル」をお客様へ郵送させていただきます。
  • 試用版は一切無料でお使いいただけます。
  • 試用期間が経過した後、試用版をご返却いただきます。その際の発送費はお客様負担にてお願いいたします。
  • KTSシリーズやFIPシリーズ等、試用版貸出基準が定められているソフトにつきましては、上記規定と異なります。
お問い合わせ
Faxでのご注文・資料請求は
FAX送信用紙
関連リンク 見出し画像
関連リンク 下枠画像
ページトップへ